四国の片田舎生活!!

真白い雪の上に続く足跡・・それを大空から見た鳥が狙う!?
しかし、小さな洞穴から顔を出し、周りを見渡す時、
思いがけない発見がある!?
身近の出来事を・・・書きとめていきたい真白いキャンパスへ・・!?

初夏の夕暮れ!!


港には、漁を終えた、沢山の漁船が係留されて、右へ左へと、ゆれながら、沈む夕日を眺め、西の空へ飛び去るカラスに、思わず口ずさみそうな、古里の夕暮れ、えも言われない日本の原風景が広がる、徳島県南の在りし日です。
何処からともなく子供たちの「さいなら・・」「またな!」と言う声を聞きながら、昔を思い出し懐かしむ、ひと時でした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。